勝念ブログマイスペース(МyS)

源辿の日朝古代史
超唯物論理学概論()
序論1、(超唯物論理学とは何か)、
序論2、(真空エネルギーとは何か)
舞鶴の今一つの記録遺産
女学生の制服セーラー服の歴史、
第四回舞鶴達磨まつり(昭和二十六)
  << June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
邪馬台国論争の問題点とその所在地
邪馬台国論争の問題点
 陳寿になって魏志倭人伝の行程記事を読む

 邪馬台国論争は一時百家争鳴の時期がありましたが、もともとは、東大系は九州説、京大系は畿内説でした。その流れは今も変わっていません。これ、もともとおかしいはずですよね。学問なら、東大系の学者にも畿内説があり、京大系の学者にも九州説があっても不思議ないはずですよね。これは自説主義というか学説主義ですよね。また在野の研究家の研究もほとんど自説主義ですよね。だから多くの説は簡単な矛盾を犯していますよね。その矛盾を魏志倭人伝の行程記事の読み方と三角縁神獣鏡について簡単に述べてみます。

 まず、行程記事の読み方について、
 畿内説の人も九州説の人も帯方郡から伊都国までの読み方は同じです。しかし、伊都国以降の行程記事の読み方は自説に都合のよいように読み変えています。それを指摘するために行程記事の正しい読み方を記します。

 まず、行程記事の正しい読み方は次のどれかです。
 ㋑、倭人在帯方東南大海之中、從郡➡至倭。
㋺、郡➡循海岸水行歴韓国乍南乍東到其北岸狗邪韓国七千餘里➡
㋩、始度一海千餘里至對海國➡又南渡一海千餘里名曰瀚海至一大國➡又渡一海千餘里至末廬國➡東南陸行五百里到伊都國郡使往来常所駐➡
伊都國以降については、
a㋥、➡東南至奴國百里
 a㋭、➡東行至不彌國百里➡㋬、南至投馬國水行二十日➡ ㋣、南至邪馬壹國女王之所都水行十日陸行一月
もしくは、
b㋥、➡東南至奴國百里、
b㋭、➡東行至不彌國百里、
 b㋬、➡南至投馬國水行二十日➡ ㋣、南至邪馬壹國女王之所都水行十日陸行 一月
もしくは、
c㋥、➡東南至奴國百里
c㋭、➡東行至不彌國百里
c㋬、➡南至投馬國水行二十日
 c㋣、➡南至邪馬壹國女王之所都水行十日陸行一月
です。この内aはほぼ畿内説の読み方に近い読み方です。しかし、従来の読み方と異なっているのは㋥と㋭㋬㋣を並行的に読んでいることです。またcは従来の九州説に近い読み方ですが、九州説では㋣の「水行十日陸行一月」を「水行十日または陸行一月」と並行的に読んでいますが、cでは直線的に読んでいます。bは従来とは異なる読み方です。aとは㋭と㋬㋣を並行的に読む点が、cとは㋬㋣を直線的に読む点が違います。
 まず、行程記事をこのように㋑から㋣まで七つに分類した理由ですが、それはそれぞれの記事の主語と語順と使用文字の関係によっています。まず、使用文字ですが、中国の漢字は一文字一音の一表意文字ですから、漢字が違っていれば必ず意味が異なり、同じ意味の漢字はありません。そして、この行程記事では至」と「到」が使い分けられています。そして、「到」は到着するという意味ですから、「至」には到着するという意味は含まれません。そして、行程記事で到が用いられているのは㋺の文末の狗邪韓國と㋩の文末の伊都國だけです。それは郡史の倭へ行く時の目的地がこの二つだけだからです。まず、伊都國が郡使の行く目的地であることは㋩の伊都國郡使往来常所駐で解ります。ではなぜ狗邪韓國が目的地なのか。狗邪韓國は㋺では其北岸狗邪韓國と記されています。この其の北岸の其の意味ですが、これを韓国とすればそれは北岸ではなく南岸でなければなりません。また倭とすれば狗邪韓國は倭国の一国にならなければなりません。しかし、狗邪韓國は文字通り韓国の一国です。ではこの其は何を指しているのか。それは韓国から倭に行くために最初に渡らなければいけない海(瀚海)を指しているのです。つまり、郡使が倭に行くためにはまず瀚海の北岸にある韓国の狗邪韓國に到着しなければならないという意味で「到」が使われているのです。そして、この「到」の使い方からして行程記事の㋑㋺㋩の主語が郡使であることは明らかですが、しかし、逆に言えば、伊都國は郡使往来常所駐ですから㋥㋭㋬㋣の主語は郡使でないことになります。従って、㋥㋭㋬㋣の主語が誰もしくは何なのかが問題になります。また、㋑㋺㋩の主語は郡使ですが、㋑は別として、㋺と㋩では文の語順が違います。そこで次は行程記事全体の語順の問題を取り上げます。

 まず、行程記事の㋺から㋣までの語順ですが、それは次の通りです。
 ㋺の語順は
  行、方位、到、国名、里程、
 ㋩の語順は
  始(又)、方位、渡(行)、里程、至(到)、国名
 但し、伊都国に対しては始(又)がありません。それは末廬國までの行程の動詞が渡に対して伊都國への動詞が陸行だからです。
 ㋥㋭の語順は
  方位、行、至、国名、里程
 但し、㋥には行という動詞がありません。行程記事の中で渡(行)の動詞が無いのはこの㋥だけです。つまり、この㋥には主語がなく行程記事ではないことを示しています。つまり、aの読み方で㋥と㋭を従来説のように直線的に読まず並行的に読むのはそのためです。
 ㋬㋣の語順は
  方位、至、国名、水行(陸行)、日程
 但し、この㋥㋭㋬㋣の記事には㋩にある始(又)に相当する文字がありません。これは㋩では又が前の行程の動詞渡(行)を受けているからですが、㋥㋭㋬㋣は前の行程の動詞渡(行)に連続する動詞の記事はないからです。但し、従来の九州説のように㋣の「水行十日陸行一月」を「水行十日または陸行一月」と並行的に読むと㋬と㋥の動詞は同じになります。cの読み方で「水行十日陸行一月」を「水行十日または陸行一月」と読まないのはそのためです。更に、cで「水行十日陸行一月」を「水行十日または陸行一月」と読まない理由は他にもあります。まず、第一は魏志倭人伝の中に「AまたはB」と読む文例が四つ記されています。
 ➀、其人壽考或百年或八九十年其俗國大人皆四五婦下戸或二三婦
 ➁、文身各異或左或右或大或小
 ➂.木弓短下長上竹箭或鐵鏃或骨鏃
 ➃、傳辭説事或蹲或跪
つまり、「AまたはB」と書くときはAとBの間に「または」を意味する「或」の文字が必ず入っていますが「水行十日陸行一月」にはこの文字がありません。
更に、cの読み方で「水行十日陸行一月」を「水行十日または陸行一月」と読むと、投馬國が邪馬壹國の南になってしまいます。これが矛盾することは既に言われておりますが、それのみならず、邪馬壹國は海沿いの国になってしまいます。そして、魏志倭人伝には上記行程記事の他に次の記事があります。
㋠、女王國東海渡千餘里復有國皆倭種、又有侏儒國在其南去女王四千餘里、又有裸國黒齒國復在其東南船行一年可至
従って、邪馬壹國は九州の東岸にならざるを得ませんが、その場合、邪馬壹國は投馬國への行程の途中にあるか、投馬國は九州の西岸にならざるを得ません。しかも、魏志倭人伝には
㋷、自女王國以北其戸數道里可略載次有斯馬國次有・・・次有奴國女王境界所盡其南有狗奴國不屬女王。А(正始八年)倭女王卑彌呼與狗奴國男王卑彌弓呼素不和遣倭載斯烏越等詣郡説相攻撃状。
つまり、これでは女王国に統属する投馬國の比定のしようがありません。言い変えればcの読み方で「水行十日陸行一月」を「水行十日または陸行一月」と読むと、ただでさえ矛盾する行程記事が更に矛盾するだけになります。以上から考えても、「水行十日陸行一月」を「水行十日または陸行一月」と読むことは不可能です。従って、魏志倭人伝の行程記事の読み方はa、b、cの三つしかないのです。ではa、b、c の内どの読み方が正しいのか。断定的には言えませんが、次のように考えるのが妥当かと思われます。
まず、a、b、cの読み方の違いですが、これは㋥㋭㋬㋣の各行程記事を直線的に読むか並行的に読むかの違いに過ぎませんが、まず問題になるのは㋥㋭と㋬㋣の行程記事の違いです。㋥㋭と㋬㋣の行程記事の違いは語順が違うこともさることながら、魏志倭人伝の行程記事の矛盾は読み方にあるのではなく㋬と㋣の記事にあるのであって、㋥と㋭にあるのではないことです。二つめには㋥と㋭に記された奴國と不彌國は郡使のいる伊都國から百里で、郡使が伊都國に居ても認識できる程度の距離で、また郡使が日帰りで行くこともできる程度の距離です。それに対し、㋬の投馬國や㋣の邪馬壹國は伊都國に居る郡使には誰かに聞かない限り認識できない遠方です。そして、魏志倭人伝には次のような記事があります。
ァ王遣使詣京都帯方郡諸韓國及郡使倭國皆臨津捜露傳送文書賜遣之物詣女王不得差錯
この文からいうと、郡使もしくはその同行者の誰かが津(港)まで行き誰かを探しだし、文書や賜遣之物を倭の女王卑彌呼に伝送しているのですが、その探している相手は邪馬壹國から来ている女王の使者以外にはあり得ません。つまり、㋬と㋣の主語は邪馬壹國から来ている女王の使者と考えられます。そして、その使者を探している港が伊都國の港であれば行程記事の読み方はbかcになり、不彌國の港であればaの読み方になります。ただその港が伊都國である可能性は少ないと思われます。その理由は、一つには伊都國にそのような港があるならば末廬國まで船で来た郡使が末廬國から伊都國まで「草木茂行不見前人」のようなところを「陸行五百里」などする必要がないからです。今一つは㋥と㋭の語順は同じですが、㋥には至の前に行の文字がありませんが㋭には至の前に行の文字があります。つまり、㋥には主語がないけれど㋭には主語があることになります。この主語は津(港)まで行き女王の使いを探し出し文書や賜遣之物を倭女王卑彌呼に伝送している郡使か郡使の部下だと考えられます。従って、魏志倭人伝の行程記事はaと読むのが正しいと思われます。但しaが正しい読み方だとしても畿内説が成り立つわけではありません。なぜならaと読んでも邪馬壹國は九州南方の海の中になってしまうからです。言い変えれば行程記事の矛盾は㋬と㋣の記事にあって読み方など大した問題ではないのです。つまり、邪馬台国論争は㋬と㋣の記事にある南という方位と水行二十日・水行十日陸行一月の日程のどちらが正しくどらかが間違いるかを証明しない限り永遠に続くのです。ただ、以上述べてきたことからどちらが正しくどちらが間違いかを証明することは意外に簡単なのです。次にそのことを記していきます。

邪馬壹(台)国の所在地
行程記事の中で間違いのある㋬と㋣の次の記事ですが
㋬、➡南至投馬國水行二十日➡ ㋣、南至邪馬壹國女王之所都水行十日陸行一月
この記事が郡使の邪馬壹國から来た女王の使いからの聞き書きであることは既に述べた通りです。そして、その中の南という方位か水行二十日・水行十日陸行一月という日程に間違いがあるはずです。そこで日程について考えてみますと、イ竜事によれば郡使は邪馬壹國から来た女王の使者に託して「文書賜遣之物」を女王に伝送し、それは「不得差錯」としていますが、魏志倭人伝には他に次の二つの郡使の倭への渡来記事があります。
➅、正始元年太守弓遵遣建中校尉梯儁等奉詔書印授詣倭國拜假倭王
А其八年太守王頎到官倭女王卑彌呼與狗奴國男王卑彌弓呼素不和遣倭載斯烏越等詣郡説相攻撃状遣塞曽曹掾史張政等因齎詔書黄幢卑弥呼以死大作る冢徑百餘歩更立男王國中不服復立卑弥呼宗女壹與年十三為王國中遂定壹與遣倭大夫率善中郎将掖簑邪狗等二十人送政等還
これらの文によると、郡使は女王の使いが邪馬壹國に行き、伊都國に戻るまで伊都國に滞在していたと思われます。その間、水行二十日水行十日陸行一月とすると往復で最低でも四か月かかることになります。そして、実際にその期間が短いと行程記事の日程が間違いだと郡使はすぐに気づく筈です。そう考えると、行程記事の日程はほぼ間違っていないと考えられます。一方方位の南はどうか。これに関連して魏志倭人伝には次の記事があります。
㋦、計其道里當在會稽東治之東
この文、単に行程記事から計ったのなら「當」の文字はいらない筈です。では何故この文に「當」の文字か含まれているのでしょうか。それはこの文の前にある魏志の次の文によっています。
─⊆古以來其使詣中國皆大夫夏后少康之子封會稽
但しこの文、魏志倭人伝の元資料となった魏略では次のようになっています。
、聞旧語自謂太伯之後昔夏后少康之子封於會稽
しかも、魏略の書き出しは
➉、倭在帯方東南大海中依山島為國
ですから、㋦の文章を誰が書いたのかは解りませんが、魏略を書いた魚豢や倭に使いする郡使には、倭人が會稽に封じられた太伯之後で、倭が東南大海中に在るのならば、倭は會稽東治之東に在るという先入観を持っていたはずです。そして郡使にその先入観があつたために、㋦の記事には「當」の文字があるのです。もちろん、その先入観によって郡使や魚豢が東を南に書き変えたというのではありません。むしろ、逆で郡使が女王の使いからその方位を南と聞いたからこそ「當在會稽東治之東」になったのだと思われます。ただ、問題は女王の使いが郡使にどのように伝えたかが問題です。それに関連して成務紀五年秋九月条に次の記事があります。
、即ち山河を隔てて国県を分け阡陌に随いて邑里を定め。因り東西を日の縦とし南北を日の横とする。山の陽を影面と曰く、山の陰を背面と曰く。
つまり、この記事によれば、倭人は中国人と違って東西を縦、南北を横とする方位観を持っていたことになります。もちろん、中国人が南北を縦。倭人が東西を縦と考えていたとしても、中国人にとっても倭人にとっても東が日の登る方向であることには違いがありません。ただ、それが言葉になった場合です。中国語の東(トウ)はあくまで日の登る方向ですが、しかし、日本語の東は日の登る方向ではなく、日に向かう方向(日向し)なのです。そして、中国では日の登る方向は東ですが、日に向かう方向は日の当たる方向陽、つまり南なのです。しかも、郡使は倭が會稽東治之東に在るという先入観を持っているため、日の向かう方向が南であっても、矛盾どころかやはり旧語の通り會稽東治之東に在るのだと思ってしまう筈です。また、仮にその方位に縦横の方位性が付されていたとしても、倭人は東西を縦、郡使は南北を縦と考えているのですから、なおさら南の方位が正しいと思ってしまいます。つまり、㋬㋣の行程記事は、女王の使いがその行程を郡史に「日に向かう方向へ水行二十日、日に向かう方向へ水行十日陸行一月」と伝えたために、日本語と中国語の東という言葉の表現の違いから必然的に起こっただけの話です。そして、行程記事の「南水行二十日南水行十日陸行一月」は「東水行二十日東水行十日陸行一月」が正しいのです。邪馬台国の所在地に関する大論争もたったこれだけの問題だったのです。以上で邪馬台国の所在に関する論争は終わる筈です。ただ、邪馬台国の所在地に関する論争は終わると思いますが、邪馬台国問題はむしろこれからが始まりです。そのために重要な出土物が三角縁神獣鏡なのですが、この論争も邪馬台国の所在に関する自説主義、学説主義のために論争の焦点がぼけてしまっています。何故かというと、三角縁神獣鏡を最初に取り上げたのは小林行雄だったと思いますが、その時小林行雄があたかも椿井大塚山古墳や備前車塚の被葬者が三角縁神獣鏡の配布者のような印象を与えてしまったために、現在の三角縁神獣鏡に関する論争はその観点から行われています。しかし、よく考えると椿井大塚古墳や備前車塚の被葬者は配布者ではなく配布された者のはずです。そして、そう考えると椿井大塚古墳や備前車塚の被葬者が誰であり、黒塚古墳や桜井茶臼山古墳の被葬者が誰であり、卑弥呼や卑弥呼の宗女壹與、卑弥呼の死後立った男王が誰なのかはおおよそ解ります。しかし、それを書くと長くなるので改めて記します。
以上。
| 小波礼行 | 源辿の日朝古代史 | 17:10 | - | - |


CATEGORIES
PROFILE
OTHERS